CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
番組ガイド:「過去のない男」 
  
「過去のない男」The Man Who Never Was は「世にも不思議な物語」のジョン・ニューランドが制作した30分のスパイサスペンスドラマである。1966年にABCで放映され、日本では1966年に日本テレビ系で放映されている。ベルリンの壁があった冷戦時代、東ベルリンから西ベルリンへ逃げ込んだCIAの諜報員ピーター・マーフィ(ロバート・ランシング)はバーで自分と瓜二つの億万長者マーク・ウェインライト(ロバート・ランシング二役)を見かける。追ってきた東側諜報機関によりピーターと誤認されたマークは射殺されてしまう。ピーターはマークになりすましたが、妻のエバ(ダナ・ウィンター)はすぐに偽者と見破った。しかし、夫婦仲が冷えきっており今マークが死んだとなれば財産は全てマークの弟ロジャーに渡ってしまう。エバはピーターにこのままマークとして生きてくれと頼むのだった。エバからマークの話し方、嗜好、癖、友人関係を教わり、億万長者と諜報員の危険な二重生活が始まる。「0011/ナポレオン・ソロ」と比べてあまりにシリアスな内容で視聴者に受けず、わずか18話で終了している。エピソードを再編集した『過去のない男』が劇場公開されている。ロバート・ランシングには「87分署」「頭上の敵機」に続くTVシリーズである。
CAST:
ピーター・マーフィ/マーク・ウェインライト(ロバート・ランシング):宮部昭夫
エバ・ウェインライト(ダナ・ウィンター):来宮良子 ←演歌の花道
ロジャー・ウェインライト(アレックス・デビソン)
ジャック・フォーブス米軍大佐(マレイ・ハミルトン)
| 番組ガイド:スパイ物 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
番組ガイド:「銀髪の狼」

「銀髪の狼」Man In A Suitcase はITCの1967年作品で日本では1969年にテレビ東京から放映されたスパイアクションドラマである。マクギルはCIAの優秀な諜報員であったが組織の陰謀により不当に職を追われてしまう。彼が頼れるものはCIAで身に付けたスパイとしての知識と経験だけ。料金は週300ドルに必要経費、拳銃とわずかな着替えの入ったスーツケースを片手に一匹狼のスパイ=マクギルが世界中を駆けめぐる。原題の"スーツケースの男"はここから来ている。日本ではあまり評判にならなかったが、英国では非情な諜報戦を描いたスパイドラマとしていまだに人気が高い番組である。

CAST:
マクギル(リチャード・ブラッドフォード):新田昌玄
| 番組ガイド:スパイ物 | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
番組ガイド:「アイ・スパイ」「スパイ専科'70」
 
「アイ・スパイ」I Spy は1965年〜68年までNBCで放映されたスパイドラマで、日本では第1シーズンが「アイ・スパイ」の題名でテレビ朝日系から、第2シーズンが「スパイ専科'70」で日本テレビから、第3シーズンがテレビ東京で放映されている。ケリー・ロビンソンとアレキサンダー・スコットは、プロテニス・プレイヤーとトレーナーとして世界中を廻っているが、彼らはCIA(アメリカ中央情報局)の腕利き諜報部員であった。クーデターや麻薬ルート,墜落機の捜索や科学者の警護,二重スパイや某国の殺し屋との対決など「0011/ポレオン・ソロ」よりは少しシリアスですが軽快なスパイアクションでした。「0011/ナポレオン・ソロ」がスタジオ及び近辺ロケ撮影であるのに対し、「アイ・スパイ」では香港を中心とした東南アジア(日本も含む)、「スパイ専科'70」ではギリシャ,スペインなど地中海沿岸でのロケ撮影が番組にエキゾチックなムードを与えています。ちなみに日本を舞台にしたエピソードは[マイクロフィルムを追え]と[お偉方に女を近づけるな] ですが御徒町駅前で撮影されたとか、2人が虚無僧に囲まれてたとか未確認情報も。スタジオに中途半端な日本のセットを作って撮影した「スパイ大作戦」や「鬼警部アイアンサイド」「ネイビーファイル」などの日本出張エピソードよりはかなりマシですね。1994年にはTVM「アイ・スパイ・リターンズ 名コンビ復活!」が制作され、日本でもWOWOWで放映、ビデオリリースもされている。CIA局長と大学教授として25年ぶりに再会した2人が、老体に鞭打ってCIAの諜報員になっている息子と娘をサポートする物語だったが、サポートされるのが親父のほうというコメディ色が強まった内容である。ただし、オープニングタイトルは旧作のものに過去の名場面をコラージュしたもので見ていて大変懐かしく楽しい。
  
ケリー・ロビンソン役は「トラックダウン」のロバート・カルプで番組終了後は「刑事コロンボ」のゲスト出演や「アメリカン・ヒーロー」にビル・マクスウェル役でレギュラー出演している。アレキサンダー・スコット役はビル・コスビーでこの番組でアメリカTV界の黒人スターとしてブレイク、エミー賞も受賞し、「ビル・コスビー・ショー」でも成功しています。
CAST:
ケリー・ロビンソン(ロバート・カルプ):田口計→小林恭治→?
アレキサンダー・スコット(ビル・コスビー):小林昭二→小林昭二→?
| 番組ガイド:スパイ物 | 20:11 | comments(3) | trackbacks(0) |
番組ガイド:「秘密命令」「秘密諜報員ジョン・ドレイク」 
  
  
「秘密命令」DengerMan も「秘密諜報員ジョン・ドレイク」Secret Agent もNATO(北大西洋条約機構)の諜報員ジョン・ドレイクのヨーロッパ各地での諜報活動を描いたスパイドラマです。「秘密命令」は1960年〜61年にモノクロ39話が放映、日本では1960年からテレビ朝日系で放映されました。映画『007/ドクター・ノオ』の公開が1962年ですから 「秘密命令」は007よりスパイドラマの映像化という点で先輩にあたるわけです。「秘密命令」のヒットでパトリック・マックグーハンは「セイント天国野郎」のロジャー・ムーアと並んでジェームズ・ボンド役の候補にもなっています。007の世界的ヒットにより多くのスパイドラマがブラウン管に登場しました。「0011/ナポレオン・ソロ」は1964年9月22日にNBCから放送が始まりました。そしてイギリスでは「秘密命令」の60分拡大版である「秘密諜報員ジョン・ドレイク」モノクロ45話を1964年〜67年まで放送、アメリカでは1965年4月3日からCBSで「秘密諜報員ジョン・ドレイク」を放送、日本では1965年10月4日からフジテレビで放送されました。CBSでは「秘密命令」で耳なじみのあった Edwin Astley のテーマ曲 "High Wire" を使わず Johnny Rivers による主題歌 "Secret Agent Man" を使いました。メリハリのきいたエレキサウンドの主題歌は大ヒットし、番組の人気にも貢献しました。イギリスでは主題歌 "Secret Agent Man" はあまり評価されていないようです。「秘密命令」が「秘密諜報員ジョン・ドレイク」になって変わったのは小型カメラ,隠しマイクなどスパイ小道具の充実と脚本に深みが増したことでしょうか。パトリック・マックグーハンが撃ち合いよりも殴り合いを嗜好し、女性とのからみも極力排除したい意向は「秘密命令」時代から変わりませんでしたが、TV局の意向もあり妥協の結果が放映されたフィルムです。
  
  ← 1:39に注目
「秘密諜報員ジョン・ドレイク」の制作中から"退職したスパイが軟禁された秘密の場所から脱出をはかる物語"すなわち「プリズナーNO.6」の企画がはじまっていました。しかしパトリック・マックグーハンの主張で内容が複雑になり制作費の増大を招きます。「プリズナーNO.6」終了後に再開するはずだったジョンドレイクの新シリーズは制作中止となってしまいます。よく云われる"ジョン・ドレイクはNO.6はなのか?" マックグーハン本人は否定していますが制作スタッフのジョージ・マークスは認めています。"「プリズナーNO.6」のオープニングタイトルでNO.6のファイルがアップになる場面の顔写真は「秘密諜報員ジョン・ドレイク」の宣伝スチールなんだよ" 「秘密命令」も「秘密諜報員ジョン・ドレイク」も「プリズナーNO.6」もジョン・ドレイクというスパイを描いたサーガなんですね。
CAST:
「秘密命令」
ジョン・ドレイク(パトリック・マックグーハン):酒井哲
「秘密諜報員ジョン・ドレイク」
ジョン・ドレイク(パトリック・マックグーハン):黒沢良 
| 番組ガイド:スパイ物 | 13:02 | comments(0) | trackbacks(1) |
番組ガイド:「電撃スパイ作戦」


ITCのスパイドラマ「電撃スパイ作戦」The Champions は、"チャンピオン"能力を備えた3人の諜報員が国際間のスパイ活動に活躍するアクションTVシリーズで日本では1968年にフジテレビ系で放映されました。国際諜報機関ネメシスの3人の諜報員(クレイグ,シャロン,リチャード)極東での任務の帰途にヒマラヤ山脈で航空機の墜落に遭遇します。不思議なチベットの僧によって救出された3人は、特殊能力(強靱な体力,テレパシー,透視力,暗視力,計算力など)を賦与されます。ネメシスの諜報員として世界平和のため、この特殊能力を使った戦いが始まります。薬物により3人以上の能力を備えたスーパーヒューマンや東西ドイツ国境で原爆を使おうとするナチの残党、極東に出現したマッハ5の戦闘機や邪教集団など様々な敵が彼らを待ち受けています。常に困難な任務を完遂する彼らを上司であるトレメイン部長は、優秀な諜報員と判断しており、特殊能力には気づいていません。しかし特殊能力とて無敵ではありません。生命の危機に瀕することもあり、日頃の鍛錬とチームワークが勝利の鍵となります。特殊効果にお金をかけずに納得できる超能力の存在を描くスリリングで知的なシナリオが効果的です。本筋と関係なく彼らの特殊能力を紹介する場面(暴走するトラックを停めるクレイグ,不発弾から子供を守るリチャード,図書館で本を速読するシャロン,ルーレットの数を当てる3人など)も毎回のお楽しみでした。
CAST:
クレイグ・スターリング(スチュアート・ダモン):中田浩二
シャロン・マクレディ(アレクサンドラ・バステード):池田昌子
リチャード・バレット(ウィリアム・ゴーント):羽佐間道夫
トレメイン部長(アントニー・ニコルス):久松保夫
ナレーター:矢島正明


| 番組ガイド:スパイ物 | 00:02 | comments(2) | trackbacks(0) |
<< | 2/2PAGES |