CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
番組ガイド:「超高速ヒーロー ザ・フラッシュ」 The Flash
  

「超高速ヒーロー ザ・フラッシュ」はDCコミックスの人気コミックからTVシリーズ化されたもので、1990年9月からCBSで1シーズン放映された60分のSFスーパーヒーロー物である。日本ではパイロットTVムービー「最新・最強・最速のヒーロー/ザ・フラッシュ」と2エピソード収録の「ザ・フラッシュ2」「ザ・フラッシュ3」とビデオリリースが先行し、その後日本テレビから全20エピソードが放映された。事故で稲妻に打たれ、化学薬品を浴びた警察科学者バリー・アレンは、音速で移動できる特殊能力を得ます。スターラボの女性科学者クリスティナ・マクギーの助けを借りて特殊能力をコントロールできるようになったバリーは、時速480kmの超スピードで動く赤いコスチュームの超人フラッシュとなってセントラルシティの悪に挑みます。
CAST:
バリー・アレン=フラッシュ(ジョン・ウェズリー・シップ):山寺 宏一
クリスティナ・マギー(アマンダ・ペイズ):堀越 真己
| 番組ガイド:冒険物 | 14:40 | comments(68) | trackbacks(1) |
番組ガイド:「カンガルー・スキッピー」
 

「カンガルー・スキッピー」 Skippy, the Bush Kangaroo は1966〜68年にオーストラリアで放映された30分の動物冒険ドラマでアメリカでは1969年にシンジケーション局から放映され、日本では1968年に日本テレビ系で放映されている。オーストラリア南東部のク・リング・ガイ国立公園のワラタパークを背景に公園レンジャー隊長マットと二人の息子ソニーとマークそしてカンガルーの"スキッピー"の交流を描いている。1991〜1992年には「新カンガルー・スキッピー」 The Adventures of Skippy が制作されている。
CAST:
ソニー・ハモンド(ゲリー・パンカスト)
マーク・ハモンド(ケン・ジェームス)
マット・ハモンド(エド・デベロー)
ジェリー・キング(トニー・ボナー)
| 番組ガイド:冒険物 | 15:54 | comments(29) | trackbacks(0) |
番組ガイド:「セイント 天国野郎」「ヨーロッパ秘密命令」「テンプラーの華麗な冒険」


「マーベリック」「The Alaskans」出演後、1961年にアメリカからイギリスにもどっていたロジャー・ムーアは、かねてから"セイント"のTVシリーズ化を狙っていたが運よく権利を獲得することができ、自身の主演番組として制作を開始する。イギリスでは1962年から8シーズンに渡って118のエピソードが放映された。このうち1966年以降のカラー版が1965年に日本テレビ系から「セイント 天国野郎」The Saint の題名で放映された。その後、モノクロ版を毎日放送/テレビ東京から「ヨーロッパ秘密命令」「テンプラーの華麗な冒険」の題名で放映している。現在では「テンプラーの華麗な冒険」は「帰って来たセイント」Return of the Saint の別題になっているので注意していただきたい。また、カラー版の2つの前後編エピソードが再編集され「セイント/フィクションメーカーズ」The Fiction-Makers と「天国野郎セイント対シシリアンマフィア」Vendetta for The Saintとして劇場公開(日本ではTV放映)されている。オリジナルエピソード数は118本であるが、この4エピソードを抜いた放映エピソード数114本が公式の数字になっている。フィルムはモノクロ版が71本、カラー版が47本あるので、47本から4本を引くと43本あるはずだが、「セイント 天国野郎」の本数は30本となっている。不明の13本がモノクロ版と一緒に放映されたのか、未放映なのかは情報不足でわからない。

  

レスリー・チャータリスが創造した"セイント"は、欧米では戦前から戦後にかけてのラジオドラマや映画で人気の高いキャラクターである。サイモン・テンプラーはスリルと冒険を求め世界中を旅している金持ちのハンサムガイであるが、彼の正体は盗品を回収して手数料を稼いだり、泥棒の上前をはねる泥棒、いや義賊である。現場に残す聖者のイタズラ書きから"セイント"と呼ばれ、犯罪者からも恐れられている。ロンドン警視庁や英国情報部の依頼を受けてスパイ活動に従事することもあり、テンプラーのまわりはいつも危険がいっぱいである。プロローグには必ずテンプラーが登場し、自己紹介したり、相手が名前を云ったりして、テンプラーの頭上に光輪が現れオープニングタイトルにつながる。テンプラーの愛車は原作では"Hirondel"という架空の自動車になっており、制作側は当然イギリス車を候補に挙げていたが、泥棒だかスパイだか怪しげな人物が主人公のTV番組には協力できないと拒否されてしまいます。それでスウェーデンのボルボ社のP1800が登場しました。世界80カ国以上で放映された「セイント 天国野郎」による広告効果はかなりのものだったでしょう。『007/ゴールドフィンガー』に登場したボンドカー=アストンマーチンの名前は誰でも知っています。イギリスの自動車会社はもったいないことをしたわけです。番組には都合5タイプのP1800が提供されましたが、1台はロジャー・ムーアの通勤用に使われました。英国のKeswickにある[スターの自動車博物館]には番組で使われたナンバープレート"ST−1"のP1800の実車が展示されているそうです。

  

"セイント"のTV・映画の権利は現在もロジャー・ムーアの関連会社が所有しており、「セイント 天国野郎」「ダンディ2・華麗な冒険」のエグゼクティブ・プロデューサーであるロバート・B・ベイカーが制作した以下の映像化作品にも直接間接的に関わっている。1978〜79年にイアン・オギルビー主演の「帰って来たセイント」「テンプラーの華麗な冒険」Return of the Saint 、1987年にアンドリュー・クラーク主演のTVムービー「The Saint in Manhattan」、1989年にサイモン・ダットン主演で2時間X6話のミニシリーズ「The Saint」が制作された。1997年のヴァル・キルマー主演の映画『セイント』では、ロジャー・ムーアはラストのラジオのアナウンサー役で声のみカメオ出演している。ジェームズ・ボンドとは違ってロジャー・ムーア以上のセイント役者はなかなかいないようである。「セイント 天国野郎」終了後にロジャー・ムーアと番組スタッフが作った映画がある。1970年の『大逆転』 Crossplot で要人暗殺計画に巻き込まれた広告宣伝マンが陰謀を未然に防ぐロマンチックアクション映画であり、007映画のM役バーナード・リーも出演しています。日本でも劇場公開され、TBSからテレビ放映もされている。吹替も広川太一郎氏なのでゴキゲンです。最近はテレビ放映もなく、ビデオもDVDも出ていませんがセイントファンなら一度見ていただきたい。シンクレア卿よりシェイプアップしたロジャーがカッコいいです。



サブタイトル
「セイント 天国野郎」
01 謎の失踪
02 ネス湖の怪獣
03 スパイはリモコンで消せ
04 魔の洞窟
05 紳士はライオンがお好き
06 超音速で脱出せよ!
07 モデルとダイヤと殺人と
08 スピードに燃える女
09 殺しのテクニック
10 南海の秘宝
11 現金はお望み次第
12 嘘でごめんなさい
13 サイモンとデリラ
14 殺しはパリで
15 スパイ脱出作戦
16 地獄への片道切符
17 美女と革命
18 美しき仮面
19 スキャンダルで消せ
20 女王陛下危機一髪
21 お嬢さんの危険な商売
22 イスタンブールの出来事
23 天使の目を狙え
24 帰って来た亡者
25 芳しき罠
26 復讐の鉱山
27 ベニスに散った復讐の花
28 機密文書を追え
29 復讐は殺しで
30 教授と娘

  

CAST:
「セイント 天国野郎」 カラー版
サイモン・テンプラー(ロジャー・ムーア):近藤洋介 ←「暗闇仕留人」
ロンドン警視庁ティール警部(イヴォア・ディーン)
「ヨーロッパ秘密命令」「テンプラーの華麗な冒険」 モノクロ版
サイモン・テンプラー(ロジャー・ムーア):?
「セイント/フィクションメーカーズ」「天国野郎セイント対シシリアンマフィア」 映画版
サイモン・テンプラー(ロジャー・ムーア):広川太一郎

DVD&ビデオ情報:

The Saint - The Complete Series 1 [1962]
モノクロ版39エピソードを収録している(イギリス盤DVD)

Saint Megaset (14pc)
カラー版47エピソードを収録している(アメリカ盤DVD)
| 番組ガイド:冒険物 | 10:19 | comments(6) | trackbacks(1) |
番組ガイド:「スパイダーマン」 The Amazing Spider-Man
   

「スパイダーマン」 The Amazing Spider-Man は、スタン・リーによるマーベルコミックを原作に1977年のパイロット版TVムービー「スパイダーマン」からスタートし、1978年4月から1979年7月までCBSで断続的に放映された60分の冒険アクションドラマ。日本では「スパイダーマン」が劇場公開され、2つの前後編エピソードが編集されて「スパイダーマン/ドラゴンズ・チャレンジ」「スパイダーマン/プルトニウムを追え」としてビデオリリースされ、その後テレビ放映された。残り9エピソードの放映については不明。

   

ニューヨークに住む青年ピーター(ニコラス・ハモンド)は、大学の研究室で実験中に放射能を浴びたクモに咬まれる。これが彼に天井や壁にはり付く能力、危険を予知する能力を与える。特殊な粘液を作り出し特別なコスチュームを考案したピーターはスパイダーマンとして行動を開始する。サム・ライミ版と比べてもしょうがないが、スパイダーマンがビルを登って行く途中で後ろ向きになったり、高層ビルの屋上のへりで格闘したり、スタントマンが身体を張ってやってる感じがあった。スパイダーマンの網技はケータイ刑事銭形泪と大差ないです。
CAST:
ピーター(ニコラス・ハモンド)
J・ジョナ・ジェイムソン(ロバート・F・サイモン)
バーベラ警部(マイケル・パタキ)
リサ・エイルバッチャー
テイヤー・デイビッド

DVD&ビデオ情報:

「スパイダーマン」 (国内版VHS) 廃版
「スパイダーマン/ドラゴンズ・チャレンジ」 (国内版VHS) 廃版
「スパイダーマン/プルトニウムを追え」 (国内版VHS) 廃版
| 番組ガイド:冒険物 | 00:30 | comments(5) | trackbacks(0) |
番組ガイド:「クマとマーク少年」
  
「クマとマーク少年」Gentle Ben は、1967年からCBSで放映され、日本では1969年にTBSから放映された。フロリダを舞台に自然保護監視員トム・ウェドローの息子マークとペットの熊"ベン"との心暖まる交流と様々な出来事を描いた30分の動物冒険ドラマである。「警部マクロード」のでデニス・ウィーバーが父親役で出演している。
CAST:
マーク・ウェドロー(クリント・ハワード):大田淑子
トム・ウェドロー(デニス・ウィーバー):羽佐間道夫
エレン・ウェドロー(ベス・ブリッケル)

2002年と2003年には「新スーパーマン」のディーン・ケインと「L.A.ロー」のコービン・バーンセンが出演するリメイク版TVムービーが制作されている。
| 番組ガイド:冒険物 | 10:00 | comments(22) | trackbacks(0) |
番組ガイド:「空飛べ!キャットウィーズル」「魔法使いキャットウィーズル」
  
「空飛べ!キャットウィーズル」「「魔法使いキャットウィーズル」Catweazle は、1970年に英国で2シーズン放映され、日本では1973年にNHKから放映された30分の児童向き冒険ドラマである。11世紀の英国、ノルマン人の兵士に捕われ城の地下牢に閉じ込められていた魔法使いキャットウィーズルが"飛行の術"で脱出しようと塔から飛び降りますが堀へ墜落してしまいます。キャットウィーズルの"飛行の術"は空間をワープせず時間をワープして900年後の英国に飛んでしまいました。農家の少年キャロットに助けられたキャットウィーズルは給水塔に隠れ住み、9世紀に戻るべく魔術の探求を続けます。キャットウィーズルは"驚異の魔術"である自動車や電話や電燈に好奇心を持ち次々と騒動を起こしていきます。
  
CAST:
キャットウィーズル(ジェフリー・ベールドン):立岡晃
キャロット(ロビン・デイビス)

ビデオ&DVD情報:
イギリス版VHSは発売されていますが、ビデオとテレビの両方がPAL方式に対応してしていないと見られません。DVDはイギリス、アメリカともに未発売です。
 ←Catweazle - Vol. 1 [1970]  (イギリス版VHS)
| 番組ガイド:冒険物 | 16:06 | comments(5) | trackbacks(0) |
番組ガイド:「青い探偵」「探偵ダイバー・プライマス」
  
「青い探偵」Primus は、1971年にシンジケーション局で放映され、日本では1978年にテレビ東京で放映された。一部ローカル局では「探偵ダイバー・プライマス」のタイトルでも放映されている。「わんぱくフリッパー」のイワン・トースプロとメトロメディア共同制作による30分の海洋アクションドラマである。フロリダからナッソーにかけての海を舞台に有名なダイバーで生態学者、海洋学者でもあるプライマスが自分が発明した小型潜水艇や水中ロボットなどを駆使して活躍する物語であるが、ストーリーよりハイテク指向の「シーハント」最新版といった内容である。
CAST:
カーター・プライマス(ロバート・ブラウン)
トニー・ヘイドン(エヴァ・レンツィ)
チャーリー・キングマン(ウィル・クルーバ)
| 番組ガイド:冒険物 | 09:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
番組ガイド:「アフリカ大牧場」
 
「アフリカ大牧場」Cowboy in Africa は、ヒュー・オブライアン主演の映画『野獣狩り/カウボーイ・スタイル』をTVシリーズ化したもので、1967年にABCで放映され、日本では1968年にNHKで放映された。ロデオの世界チャンピオン=ジム・シンクレアと相棒のインディアン青年ヘンリーはアフリカのケニアの大牧場に雇われるが、牧場主ヘイズは二人にシマウマやキリンを集めた牧場作りへの協力を依頼する。投げ縄で野生動物を生け捕り、飼いならすというヘイズの考えに共鳴した二人はアフリカのカウボーイとなるのだった。凶悪な密猟者との戦い、原住民との確執、獰猛な野獣との戦いなどアフリカロケによる迫力満点のドラマが展開する60分の冒険ドラマである。チャック・コナーズには「ライフルマン」「事件と裁判」「荒野の流れ者」に続く4本目のTVシリーズとなった。
CAST:
ジム・シンクレア(チャック・コナーズ):大宮悌二
ヘンリー(トム・ナーディニ):高島稔
サムソン少年(ジェラルド・エドワーズ)
ヘイズ(ロナルド・ハワード)
| 番組ガイド:冒険物 | 01:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
番組ガイド:「密林王国ダクタリ」「猛獣先生」
  
「密林王国ダクタリ」「猛獣先生」Daktari は、1965年の映画『 Clarence the Cross-Eyed Lion 』をベースにTVシリーズされたもので、1966年にCBSで放映され、日本では1966年にテレビ朝日で放映された60分の冒険ドラマである。"ダクタリ"とはスワヒリ語で"お医者さん"のことである。『 Clarence the Cross-Eyed Lion 』にも登場した斜視のライオン=クラレンスとチンパンジーのジュディというペットを飼っているマーシュ・トレーシー博士は東アフリカの動物研究センターで野生動物を研究している獣医である。ここでは娘のローラ,助手のジャックも協力して動物の治療にあたっている。カリフォルニアの野生動物公園やロサンジェルス・サファリパーク、ソレダ峡谷などで撮影したフィルムが効果をあげており、博士たちと野生動物のふれあいをヒューマンタッチで描いた「密林王国ダクタリ」は3シーズン続いた人気番組である。"ダクタリ!"と歌うアフリカっぽい主題歌が耳に残る。
CAST:
トレーシー(マーシャル・トンプソン):久松保夫
ローラ(シェリル・ミラー):鈴木弘子
助手ジャック(エール・ソマーズ)
ヘドリー所長(ヘドリー・マッティングリー)
| 番組ガイド:冒険物 | 20:07 | comments(1) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>