CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
番組ガイド:「事件と裁判」
  
「事件と裁判」Arrest and Trial は、1963年にABCで放映され、日本では1964年にテレビ東京で放映された90分のTVシリーズである。1962年に初の90分TVシリーズとして登場した「バージニアン」と並ぶワイド番組である。ロサンゼルスを舞台にひとつの犯罪事件をドラマ前半では事件発生から逮捕までの警察の捜査活動が描かれる、ドラマ後半では事件の裁判を検察側から描いている。全米ロングラン番組「ロー&オーダー」のまさに原点といえる番組である。「ポール・ブライアン」のベンギャザラと「ライフルマン」のチャック・コナーズが出演しているが、インテリタイプのギャザラが刑事役、アクション派のコナーズが検事役とどちらも従来のイメージとは反対のポジションを演じている。犯罪事件を多面的に描いた野心作であったが1シーズンで終了している。
CAST:
ニック・アンダーソン警部(ベン・ギャザラ)
ジョン・イーガン地方検事(チャック・コナーズ)
| 番組ガイド:弁護士・検事物 | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
番組ガイド:「熱血弁護士カズ」 

「熱血弁護士カズ」Kaz は、1978年にCBSで放映され、日本では1980年にテレビ東京で放映されました。マーティン・カジンスキー=カズは、自動車窃盗罪で6年の刑に服しました。彼は服役中に法律を学び、出所してから試験に合格し、研修を終了し、サミエル・ベネットの法律事務所に勤めました。カズは直情型で怒りっぽく、いつも揉め事を起こしますが、それは"常に敗者や弱者の味方でありたい"とする彼の心情から出ていました。「熱血弁護士カズ」はドラマチックな弁護士ドラマとして評判になりましたが1シーズンで終了しています。カズ役のロン・リーブマンは映画『ホットロック』に出演している個性派俳優です。
CAST:
マーティン・カジンスキー=カズ(ロン・リーブマン):石立鉄男
サミエル・ベネット(パトリック・オニール)
ケイティ・マッケンナ(リンダ・カールソン)
| 番組ガイド:弁護士・検事物 | 22:10 | comments(1) | trackbacks(0) |
番組ガイド:「ホーキンズ」

「ホーキンズ」Hawkins は、1973年のパイロット版TVムービー「赤い殺人鬼/カリフォルニア殺人事件」からTVシリーズ化された90分の弁護士ドラマである。1973年にCBSで放映され、日本では1975年にテレビ東京で全7話が放映されている。ウェストバージニアの田舎町で弁護士事務所を開いているビリー・ジム・ホーキンズは町の保安官でもあります。弁護の依頼があれば従兄弟のR・Jを従えアメリカのどこへでも行きます。飄々とした雰囲気から相手は油断しますが、ホーキンズは経験豊富で鋭敏な弁護士でした。ジェームズ・スチュワートの持ち味を生かした番組である。
CAST:
ビリー・ジム・ホーキンズ(ジェームズ・スチュワート)
R・J(ストローザ・マーチン)
| 番組ガイド:弁護士・検事物 | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
番組ガイド:「弁護士ジャッド」

「弁護士ジャッド」Judd, for the Defense は1967年からCBSで放映され、日本では1968年に第1シーズン、1970年に第2シーズンがNHKから放映されている。クリントン・ジャッドは高額な弁護費用で有名なヒューストンの中年弁護士である。彼は助手ベンと共にアメリカ各地へ赴き、法廷ではさわやかな弁舌で被告(依頼人)を有利に導いていく。どちらかというと労働問題や人種差別など社会問題が多い行動派の弁護士ドラマである。あまり知られていないがエドガー賞(エドガー・アラン・ポー賞)にTVシリーズ賞とTVエピソード賞というTVで放映されたドラマの脚本に対する賞がある。2004年は「ザ・プラクティス/ボストン弁護士ファイル」の "Goodbye" が授賞している。「警部マクロード/ニューメキシコの顔」「刑事コロンボ/美食の報酬」なども授賞しており、1968年に「弁護士ジャッド」の "Tempest in a Texas Town" というエピソードでハロルド・ガスト、レオン・トカチャンの脚本が 授賞している。
CAST:
クリントン・ジャッド(カール・ベッツ):南原宏治
ベン・コールドウェル(ステファン・ヤング):柴田昌宏
| 番組ガイド:弁護士・検事物 | 00:02 | comments(6) | trackbacks(0) |
番組ガイド:「検事コスター」

「検事コスター」For the People は1965年にCBSで放映され、日本では1967年に関西テレビから放映された。ニューヨークの地方検事補デビッド・コスターがマロイ刑事と上司のセレス地方検事局長、妻フィリスの協力を得て、下層階級における犯罪発生の核心に迫り、訴追する姿を描いた法律ドラマである。「宇宙大作戦」直前のウィリアム・シャトナーが熱意ある青年検事補に扮しています。
CAST:
デビッド・コスター地方検事補(ウィリアム・シャトナー)
フィリス・コスター(ジェシカ・ウォルター)
フランク・マロイ刑事(ロニー・チャップマン)
アントニー・セレス地方検事局長(ハワード・ダ・シルバ)
| 番組ガイド:弁護士・検事物 | 19:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
番組ガイド:「弁護士ペトロチェリー」
  
「弁護士ペトロチェリー」Petrocelli はシドニー・J・フューリーが監督した1970年の映画『殺人者の影』〜サム・シェパード事件に基づいた裁判を描いている〜に登場したバリー・ニューマン扮する弁護士トニー・ペトロチェリーのキャラクターからパイロット版TVムービー「弁護士ペトロチェリー:殺したのは私じゃない」が制作され、1974〜76年にTVシリーズとして放映された弁護士ドラマである。ニューヨークの過当競争社会に疲れたペトロチェリーが妻マギーと共に古いピックアップトラックでアリゾナ州ナバホ郡サンレモの町にやってくる。二人はトレーラーで生活しながらレンガの家を作り始めます。ハーバード出身のイタリア系アメリカ人の彼はこの町で弁護士事務所を開きます、小さな町でも彼に持ち込まれる事件は殺人が絡んだものが多い。元警察官だった調査員ピートのサポートもあってペトロチェリーは市民を支持を得ていきます。ペトロセットとか名前をからかわれたり、パーキングメーターとの攻防戦、地元圧力との戦い、マギーとの夫婦愛が毎回のお楽しみ、もちろん息詰まる法廷シーンも見のがせません。ラロ・シフリンによるテーマ曲も印象深い番組でした。
CAST:
トニー・ペトロチェリー(バリー・ニューマン):柴田秀勝
マギー・ペトロチェリー(スーザン・ハワード):松金よね子
調査員ピート(アルバート・サルミ)
| 番組ガイド:弁護士・検事物 | 15:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |